MT-07って・・・

気が付けば

2月も終わりもう3月

なぜか

この前の週末は

春のツーリングに合わせてなのか

MT-07が多く来店

resize2591.jpg

コチラはトップケース取付

resize2592.jpg

定期点検も多く

resize2594.jpg

全色揃ったのに

何台か撮り忘れ・・・

resize2593.jpg

この納車待ちの

MT-07を見て思ったのが

いつの間にかMTー09のユーザー様より

MT-07のユーザー様 が多くなっていて

乗りやすさはもちろんの事

ボディバランスが良くて車重も軽く

取り扱いもそれほど気を使わない

ユーザーフレンドリーなところが

皆様に受け入れられているのでしょう。

resize2590.jpg

僕が思うには

セロー250SR400のような

ヤマハスタンダードの一台になりつつ有る。

今まで大型車となると

XJR1300というザ・リッターバイクと言っていい

敷居が高いモデルがいましたが

昨年で絶版になってしまい

その穴埋めという意味合いよりも

もっと重要な

大型車を操る楽しさを

教えてくれる一台だと思います。

resize2595.jpg

これからのオートバイライフに合わせて

ステップアップを考えるか

無理をせず今の自分に合わせたモデルにするか

このMT-07に限らずですが

将来の自分に合ったモデルを

考えてしまいます。

 

見れば見るほど

「ザ・スタンダード」

MT-07

カラーチェンジで

また見直されてます。

大場より。

MT-07 2017モデル入荷!それと16モデルは・・・

MT-09に続き

2月14日に2017モデル

MT-07ABS入荷しました。

resize2575.jpg

発表と同時に人気のブルー

resize2576.jpg

鮮やかなヤマハブルー

こちらはABSモデルのみのカラーとなります。 

このカラーを見て

ご契約頂いたお客様がいらっしゃいます。

そのお客様が選択したのが

resize2577.jpg

こちらのレッド

最後までシロと悩まれましたが

2017モデルのシロは

ABSの設定が無く

結局は一番最初に気になったレッドを選択

このレッドを相棒として

ツーリングを楽しんで頂けると思います。

 

そこで御報告

2016モデルのMT-07も

メーカー在庫が残り少なくなっております。

特にABSモデルはシロ、アカは

残り10台を切っております。

カラーリングの好みも有ると思います。

お早めに御検討下さい。

皆様言われるのが

「春になってから」

そうすると、もうすでに・・・

なんて事が無いように

2017モデル共々

よろしくお願いします。

大場より。

イチョウ並木とMT-07。

先日の定休日

また休日のお楽しみ

プチツーリングに行って来ました。

今回は奥さまを置いて

ソロツーリング。

なので朝からお出掛けです。

resize2457.jpg

こんな時間でも

上りの国道は渋滞

でも都内に入り

resize2458.jpg

都心へ行けば行くほど空いてきて

走りやすかったです。

という訳で

今回選んだオートバイは

resize2459.jpg

当店試乗車のMT-07ABSモデル

ヤマハの大型バイクという

くくりの中では一番扱いやすく

僕のようなジジイライダーには

ベストなオートバイかも知れません。

このMT-07の最大の特徴は軽量コンパクトな車体

今回のシュチュエーションでは最大の武器になる。

すり抜けなどはお手の物

駐車スペースからの押し引きや

Uターンなど1クラス下のオートバイ並

すぐ手なずける人懐っこいバイクですね。

 

良い気分で走り

お目当ての場所はココ

resize2460.jpg

僕の好きな神宮外苑

resize2461.jpg

お気軽に行ける

resize2462.jpg

都内の観光スポットです。

 

良い感じに黄色い絨毯になってるので

resize2463.jpg

考えてるのはみんな一緒

早朝に関わらず

カメラ片手にという人が多かったです。

 

惜しむらくは

resize2464.jpg

国立競技場が跡形もなくなってる事

知ってはいたが実際目にすると

やはり空しい・・・

 

MT-07はみんなにやさしい

大型初心者やリターンライダー

女性にもジジイにも

もちろんベテランライダーにもです。

もう速いのは良いや

もう重いのは良いや

良く言われます。

オートバイを楽しむためには・・・

考えさせられるツーリングでした。

大場より。

MT-07 2016モデル試乗車用意出来ました。

またチョット寒い

週アタマになりましたが

多数の皆様に

お待ち頂いております


試乗車の準備が整いました。
resize1962.jpg

2016年モデル カラーチェンジしたマットシルバーです。

昨年好評だったパーツも付けてます。
resize1963.jpg

LEDヘッドライトバルブや
resize1964.jpg

プラナスマフラー等

オプションパーツ多数取り付けの

ニューカラーご確認してください。

安定した性能と人気のMT-07

是非よろしくお願い致します。

大場より。

MT-07ローダウンKIT 評判良いです。

まずはコチラを

ご覧ください。

resize1752.jpg

resize1753.jpg

上がローダウン

下がノーマル

マフラーの地面からの距離で

車高の低さが確認出来ると思います。

ローダウンすると色々注意点が出て来ますが

オーナーによってはそれでも足付きが最優先。

そんな声に答えてのローダウン作業が

MT‐09よりMT‐07の方が意外と多いのです。

なので限界まで落とせる?ヘプコ&ベッカーが人気です。

resize1746.jpg

コチラが交換するリンクですが

resize1747.jpg

みんなが嫌がるベアリング打ち替え作業

そこで僕の出番

resize1751.jpg

ヘプコ&ベッカーは治具が付いてるので

意外とカンタン

ものの数分で作業完了

resize1749.jpg

最後にセンターが合ってるか確認

あと画像が有りませんが

フロントフォークのインナー加工

そして仕上げは

車高に合わせてスタンド加工です。

ローダウンした皆様に大変喜ばれております。

足付きでMT‐07、MT‐09を諦めていませんか?

こんな感じでローダウン加工しておりますので

是非ご相談下さい。

よろしくお願いいたします。

プレス使いの大場より。

LED化、流行ってます。

こんにちは。猛暑の中、ご来店いただく皆様のバイタリティーに頭が上がらない やまぐち です。

しかし、人間は気合と根性ではどうにもならないことも沢山あります。

この時期よく耳にする熱中症も、そのひとつです。

特にバイクで走っていると思った程汗をかかないので、自分が脱水していることを自覚しにくいと思います。

よく言われていることですが、『喉が渇いたな』と思った時点で既に脱水はかなり進んでいるそうです。

乾きをある程度予測して、多めに飲むことも予防につながると思います。

また、スケジュールはハイシーズンと同じようなものでなく、休憩をこまめに取るような形にすべきです。

IMG_3166.JPG

私は普段、大体1時間走ると休憩をとりますが、この時期は45~50分くらいで意識して早めに休むようにしています。

いつも(または予定)より1つ前のコンビニで休憩・・・なんて感覚が丁度良いと思います。

ですが、そんな暑い時間に走らなくても "日本の夏 夜走りの夏" という言葉があるように(←ありません)夜走るのが楽しい季節になりまして、かくいう私もよく夜走りに繰り出しております。

IMG_2082.JPG

最近のお気に入りはゲートブリッジです。見通しの良い直線なので、スピードには注意してください。




前置きが長くなりましたが、そんな夜走りのお供として頼もしいバイクになるために、被視認性の良いLEDを使ったカスタムが最近ジワジワと広がっています。

『LED化』と聞いて真っ先に浮かぶのはウインカーでしょう。


MT-07 にスタイリッシュなLEDウインカー

24.JPG





MT-09 このウインカーはヨーロッパヤマハが開発した物で、MTシリーズ発売に合わせて日本のレギュラーオプションパーツ化しました。

YSPK0612.JPG

強気な角度のKIJIMA製フェンダーレスと同時に装着しました。

YSPK0608.JPG

いち早くフルLED化したS様のMT-09 マットグレー

YSPK9689.JPG




TRACER これは最早定番ですね。 サイズから想像できない明るさです。

YSPK0745.JPG

YSPK0747.JPG

ライセンス灯の交換もお忘れなきよう。

YSPK0750.JPG




もちろんYZF-R25にも。

YSPK8287.JPG

PLOT製フェンダーレスも同時に装着。

YSPK8282.JPG




XJ6-Diversion 従来タイプのLEDウインカーも好評です。

18.JPG




WR250X トレールには小型の社外品もオススメ。

_MG_3780.JPG

その他様々な車種がこれらのウインカーを装着可能です。





そして、最近スタッフで話題のこちら

YSPK0751.JPG

サインハウス製 LED Ribbon (エル リボン)  です。

この放熱リボンが熱に弱いLED素子を守る重要な役割を担っています。

YSPK9669.JPG

私の知る限り、これ以上のヘッドライト用LEDコンバートキットは無いと断言できる逸品です。

商品の説明はHPをご覧戴くとして照射比較をご覧ください。(HPには記載がありませんが今回紹介するキットは"H4バルブ用"です)

IMG_5488.JPG


名前は伏せますが、左からLED Ribbon、某社HIDキット、某社LEDコンバートキット、です。

一見中央が明るいのですが、照射にムラがあります。これが盲点になり暗い部分の対象物が認識が遅れがちです。

一方、左のLED Ribbonは全体に均一な照射でさらに範囲も広いことがわかると思います。

明るさもさることながら、範囲が広く均一な照射で装着させて頂いたお客様からは

『明るくなったけど、それ以上に見やすくなった"』

とのお言葉をいただきました。

YSPK0391.JPG

またHIDの弱点であるHi-Lowの切り替えもLEDなら問題なし。

ヘッドライトの配光にはうるさい私なのですが、ぐうの音も出ないほどハロゲン同様、Hi-Lowそれぞれが適正な位置を照らしていました。



この申し分ないキットは当店の試乗車 MT-07に装着中。

残念ながら夜間の試乗はできませんが、明るさを実感して頂くことができます。

商品の価格は¥23,500 (参考) です。工賃は別途必要となります。

YSPK9675.JPG

もっと知りたい!という方はぜひご来店ください。



やまぐち      

今週はレースブルー!!!

今回のオーナー紹介は

見事に車体色がカブった

皆様です。

まずはMTー07マットシルバー

resize1525.jpg

さいたま市からお越しのY様

だいぶ久しぶりにバイクをお買い上げ頂いた

当店リターンライダーの代表

当然、身に付ける装備は完璧です。

ナラシが終わったら奥様とタンデムなどいかがでしょうか。

resize1523.jpg

コチラのオーナーもさいたま市からのH様

見ての通りBMWからの乗り換えです。

試乗して頂き車重の軽さで決断。

MT-09TRACER気に入って頂いて良かったです。

とても気さくなH様で

H様の帰り際のセリフが 

「見に来ただけなのにねえ・・・」

resize1524.jpg

草加市からお越し頂いた I 様の

XJ6ディバージョン マットシルバー

さすがにカラーリングは画像だけでの判断でしたが

このレースブルー気に入って頂きました。

ご覧の通りXT250Xからお乗り換え

そう言えば奥様は免許所得されましたでしょうか気になります。

ご夫婦でツーリング!理想ですね。

resize1526.jpg

もちろんXJ6にもレースブルーステッカー

誇らしげに見えます。

 

皆様ご購入有り難う御座いました。

今後共よろしくお願いいたします。

大場より。 

GW前に納車させて頂きました!

皆様ゴールデンウイーク

どう過ごされたでしょうか?

僕は当然ツーリング

何処へ行ったかはまた後日

今回はGW前に納車させて頂きました

オーナーのご紹介です。

resize1516.jpg

まずは横須賀からお越し頂いた

YZF-R3AのT様

職場が近いので当店を選択頂きました。

発表と同時に注文を頂き最後までクロと迷われましたね。

ゲットライセンスをご利用で

納車日の前日に免許所得!

間に合って良かったです。

resize1517.jpg

コチラもゲットライセンスプレミアムをご利用で

出たばかりの新色MT-07マットシルバーご購入のH様

新色リリース時から気に入って頂き

現車を見てさらに07熱が上昇

この笑顔で満足度が解りますね。

 

ゴールデンウイーク前は

アオホイールが多かった気がします。

皆様今後共よろしくお願いいたします。

オートバイを楽しみましょう!

大場より。

MASTER OF TORQUE 完全解説!?

当店大人気の

MT-09TRACER

resize1476.jpg

いまだ人気衰え知らず

そんな発売から約一ヶ月

新車点検で入庫が続いております。

resize1473.jpg

この方うまいこと走られて

当店到着1025km

もちろんエンジンオイル

オイルエレメント交換です。

コチラのお客様

当店オリジナルメニューの

メンテナンスパック加入なので料金掛からず

ご利用頂き有難う御座います。

上の画像で気が付いた方もいるかと

resize1474.jpg

ハンドルガード外して有ります。

このお客様のご要望で製作

こんな事も作業させて頂いております。

 

さて、先日こんな荷物が届きました。

resize1475.jpg

思わず見入っちゃいました。

なかなか面白い

興味がある方ご来店下さい。

店頭でお配りしております。

 

それとココから当店営業活動

resize1477.jpg

MT-09TRACER

オプションのグリップウオーマー

プレゼントキャンペーンの期日がせまってまいりました

今月中のご契約であれば大丈夫ですので

是非よろしくお願いいたします。

大場より。 

MTシリーズそれぞれの個性を再考・・・

先日の販売店向け

試乗会で

改めてMTシリーズの

乗り味を確かめて来ました。

短時間では有りましたが

同じシチュエーションで乗り比べた事で

各モデルを再確認出来たと思います。

まずはMTー09から

resize1463.jpg

このクラスでの圧倒的な軽さと

三気筒の有り余るパワーに慣れるのに

時間が掛かってしまいました。

この独特なポジションのせいで

アクセルを開けすぎた時の

フロントタイヤの接地感が無くなる感覚

やはり乗り手を選ぶオートバイで

冷や汗が出ることも・・・

個性的なオートバイを好む方には最適でしょう。

僕個人の意見としては

YZF-R25のほうがコーナリングの

楽しさはは上かなと思ってしまう程でした。

次は気になるMT-09TRACER

resize1464.jpg

コチラは優等生

この吹け上がりのスムーズさは

車重が増えた影響だけでは無いはずで

上手くこの三気筒を調教したものと思われます。

ワイドオープンすればMT-09と同じく鋭い加速ですが

パーシャルが使えないMT-09よりも

TRACERのほうが扱いやすい。

急な入力をしなければしなやかに動くサス

豪華装備と相まってひとクラス上の

上質な乗り味に仕上がってます。

ツーリングをメインにオートバイを楽しんでる方には

最適な大人の一台と言えるでしょう。

このハンドル幅とポジションは

膝を出すのを拒みます。

そしてMT-07

resize1462.jpg

このMTシリーズの中で

一番馴染みやすい

軽量コンパクトを武器にして

コーナリングラインを自在に操るイメージ

絶対的なスピードはMT-09に敵わないかも知れないが

ストレートで離されてもコーナリングで差を詰める

なんて事が可能かも知れません。

このパワー感とポジションは

大型バイク初心者や僕のようなオジサンライダー

に最適な一台と言えます。

小柄な女性ライダーが

過剰なパワーに四苦八苦してる

スーパースポーツを追いかけ回す。

なんて事が起こりうるかもしれませんね。

僕の中では好感度一番なMT-07です。

 

以上、僕の好き勝手なインプレでは有りますが

少しでもオートバイ選びの参考になればと思います。

大場より。

1  2  3  >